• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の都心に近い霊園を探すポイント

先祖代々のお墓を持っておらず、葬儀から日を置かずに納骨することができない場合には、一周忌などの比較的区切りのよい時期までに、しかるべき霊園を探し、墓地の手配をすることが一般的です。この場合、土地に恵まれた地方であれば、探す上での問題は特にありませんが、東京都内で探すとすると、なかなか適当な物件が見つからないことが多いものです。すでに多くの土地はビルやマンションなどとして開発されており、地方とは違って新たに適地を見出すのが難しい事情があるためです。まして、交通に便利な都心に近いところを条件とする場合には、さらにハードルが上がりますので、ある程度、探すためのポイントを事前にしっかりと押さえた上で、無駄なく情報を得られるようにすることが必要です。

公営の墓地に的を絞る方法もある

東京の都心に近いことが霊園探しの絶対的な条件であれば、都営墓地だけに的を絞って探す方法も考えられます。都営墓地の場合には、多くの文化人や著名人が眠っていることで知られる青山墓地や谷中墓地など、かなり以前から整備されているところがあります。この場合、やはり多くの都民から人気があって、申し込みをすれば随時受け入れられるような単純なものではないことに留意する必要があります。通常は年度ごとに抽選が行われて、その抽選に運良く当選した人だけが納骨することができるようになっています。募集数と倍率についても、都庁のホームページで公開されていますので、その動向を見ながら申し込みをするかどうかを決めてもよいといえます。年度によっては募集数も大きく異なる場合があります。

合葬墓などの新しいタイプも検討の余地がある

都心に近い霊園を探す際に、墓地の形式からみた種類にこだわるかどうかは、実は重要なポイントになってきます。一般的に、お墓といえば野外の柵に囲まれた中に墓石を建て、個人ごとに供養するイメージですが、最近ではこのような形式にとどまらない、新しいタイプのものが生まれています。特に、都営墓地だけではなく、民間のものまで範囲を広げて探す場合、新しいタイプのものであれば、比較的容易に空き区画が見つかるケースも多いといえます。新しいタイプの具体例としては、芝生のなかに埋葬する合葬墓があります。個人ごとに柵で区切らず、芝生で覆われた地面に納骨器を埋めるもので、さまざまな人と共同での墓地を利用するスタイルです。ほかにも、納骨堂のような建物のなかで管理するスタイルもあり、土地の確保が難しい東京都内では、割と広く採用されています。

ピックアップ記事

東京の霊園はオリジナルな墓地も多くあります

霊園が東京には多くあります。そこにある墓地は、オリジナルのものも多くあります。霊園を立地の観点からみると、郊外型と都心型の2つの種類に分けることができます。郊外型の特徴としては、広い面積をとった緑があ...

宗派にこだわらない東京の霊園選び

家族や親戚が亡くなった場合、先祖代々のお墓があれば、スムーズに納骨することができますが、現代では会社の転勤や結婚などの理由から、故郷を遠くはなれて生活をしていることも多く、すでに別の場所に生活の拠点を...

条件別に差が見られる東京の霊園における価格相場

東京をはじめ首都圏のほとんどの地域で、慢性的な墓地不足となって久しいものがあります。都心周辺では特に、多くの著名人も眠る江戸期や明治期からの歴史ある墓地が点在しているものの、その多くは新たな募集を行っ...

東京の都心に近い霊園を探すポイント

先祖代々のお墓を持っておらず、葬儀から日を置かずに納骨することができない場合には、一周忌などの比較的区切りのよい時期までに、しかるべき霊園を探し、墓地の手配をすることが一般的です。この場合、土地に恵ま...