• このエントリーをはてなブックマークに追加

宗派にこだわらない東京の霊園選び

家族や親戚が亡くなった場合、先祖代々のお墓があれば、スムーズに納骨することができますが、現代では会社の転勤や結婚などの理由から、故郷を遠くはなれて生活をしていることも多く、すでに別の場所に生活の拠点を定めている以上、なかなか故郷に戻って納骨することは難しいといえます。この場合、近場で霊園探しをして、新しくお墓を建てる必要に迫られますが、その際に考えたいのが、宗派による供養のしかたの違いです。場合によっては、他派はいっさい受け入れない方針をとっているところもありますので、事前によく確認をすることが求められます。ただし、東京をはじめとする都市部の場合には、あまり意識しないでもよいこともあり、住んでいる地域によっては、一般的な事情があてはまらないケースがみられます。

公営の場合は寛容なケースが多い

一般的にいって、霊園は設置している主体によって管理のしかたが大きく異なることがあります。たとえば、地方自治体やその事務組合などの公共にあたるか、それとも仏教寺院やその他の法人などの民間にあたるかは、このような違いを生じやすいポイントのひとつです。東京都内の場合は都営墓地が該当しますが、公共が設置している場合には、宗派によって受け入れが制限されることはほぼないといってもよく、その意味では安心して選ぶことが可能です。永代使用料なども民間と比較すると安価に設定されていることが多く、これもメリットと考えられます。しかし、申し込みをする人が都民でなければならなかったり、人気がありすぎて抽選になってしまい、必ずしも申し込みが受理されなかったりすることもあります。

都市部では民間も受け入れ可能なことがある

地方にある民間の霊園の場合、通常はこれまでから歴史的に存在している仏教の寺院などが設置主体となっていることが多いものです。この場合、それぞれの寺院は特定の宗派に属していることから、他宗の人からの申し込みは受け付けないケースがみられます。実際に墓石の形状や墓石に刻まれている文字を見ても、特有の統一感がある場合が多く、住んでいる場所に近いからといっても、あえて他宗から申し込みをするにも、心情的に気が引けることもあります。しかし、東京都内をはじめ、大都市部の場合には、他宗についても積極的に受け入れる方針を示しているところもあります。通常は看板やホームページ、募集要項などに明示がありますので、そのような記載を確認した上であれば、申し込みをすることも可能です。

ピックアップ記事

東京の霊園はオリジナルな墓地も多くあります

霊園が東京には多くあります。そこにある墓地は、オリジナルのものも多くあります。霊園を立地の観点からみると、郊外型と都心型の2つの種類に分けることができます。郊外型の特徴としては、広い面積をとった緑があ...

宗派にこだわらない東京の霊園選び

家族や親戚が亡くなった場合、先祖代々のお墓があれば、スムーズに納骨することができますが、現代では会社の転勤や結婚などの理由から、故郷を遠くはなれて生活をしていることも多く、すでに別の場所に生活の拠点を...

条件別に差が見られる東京の霊園における価格相場

東京をはじめ首都圏のほとんどの地域で、慢性的な墓地不足となって久しいものがあります。都心周辺では特に、多くの著名人も眠る江戸期や明治期からの歴史ある墓地が点在しているものの、その多くは新たな募集を行っ...

東京の都心に近い霊園を探すポイント

先祖代々のお墓を持っておらず、葬儀から日を置かずに納骨することができない場合には、一周忌などの比較的区切りのよい時期までに、しかるべき霊園を探し、墓地の手配をすることが一般的です。この場合、土地に恵ま...